ホーム>アトリエSY建築士ブログ>~周~ 住まいづくりは環境を知ることからはじまる
アトリエSY建築士ブログ

~周~ 住まいづくりは環境を知ることからはじまる

今回は“周”と名うちましたが、周辺環境という視点から現地を見ていきたいと思います。
ここでいう周辺とは、主に道路や排水施設などのインフラについて触れていきます。まず道路といえば広い狭いが最初に目に留まることが多いのではないでしょうか。仮に道路の幅が6mあれば、車の出し入れはしやすいと思います。しかし、それほどでもない道路になるとお向かい若しくはお隣の門扉や塀が高くて圧迫感があり、以外と入れにくかったりする場合もあります。狭くなればなるほど尚更に感じることでしょう。単に道路の幅においていえば、建築基準法上の道路の幅は『最低4m以上とってくださいね。』ということが原則としてあります。要は車がすれ違いできる程度の幅を確保しようということです。4mより狭い道路に敷地が接している場合、道路幅4mを確保する必要が生じます。では、どのように確保するかというと、足りない分を一部敷地で補うということになります。実際には、補った部分の敷地がすぐにどうこうなるわけではありません。ただ将来的に行政側が計画することがあると前提に備えておくものです。またこの一部補った敷地に、ブロック塀などを作ってはいけないということも補足しておきます。あと道路ではないのですが、水路が接しているかも住まいづくりでは影響することがあります。敷地に接しているのか、道路と敷地の間に接しているのかなども押さえておくべき点です。
これらは法規としている部分がほとんどですが、細かいお話については順を追って今後に展開しようと思います。それでは、また明日。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelier-sy.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/8

ページ上部へ